新インターフェース!Windows10移行情報[Wireless Security]

まだ移行していないのですか?

もし自社のパソコンのOSがまだWindows7ならそろそろ移行を検討しましょう。安定性や起動速度も向上していますので業務もスムーズになりますよ。「面倒だな」と避けていると効率がどんどん下がってしまいます。移行の情報を以下に挙げましたので参考にしてみてください。

Windows10とWindows7の違い

Windows10

実はWindows7とWindows10の間にはWindows8というOSがあったのですが、あまりに使いにくいので不人気になってしまいました。そのため更に改良点が加えられPCでもタブレットでも使いやすくなった物がWindows10です。新しいのでメンテナンスのしやすさも魅力です。

Windows7

安定感があり使いやすく慣れ親しんだデザインで人気です。しかし、サポートが終了してしまうとメンテナンスが難しくなるのがデメリットです。

PC操作

必ずバックアップを

安定したOSとして人気のあるWindows7ですが、マイクロソフト社からはサポートの終了もアナウンスされています。会社のパソコンを安全に使うためにも、継続的なサポートが期待できるWindows10へ移行したほうが良いでしょう。最新型のWindows10は、古いバージョンのOSから更新することができます。更新用のプログラムを公式サイトからダウンロードするだけなので、初心者でも簡単なはずです。しかし更新作業を失敗すると、データを失う恐れもあるので注意してください。そのためにもまずは、データをバックアップすることをおすすめします。仕事などで使うデータは、外付けのHDDなどへコピーしておくと安全です。

計画を立てておく

会社で使われているパソコンの台数が多い場合には、Windows10への移行作業もかなりのものになります。そこで一度に全てのパソコンに対して移行作業を行うのではなく、部署別などのように段階的に進めることが大切です。どの部署から取り組むのか、いつどれだけの台数をこなすのかなどをあらかじめスケジューリングしておくと、滞りなく移行することができます。パソコンによっては、特殊な環境のせいでスムーズに移行できないことも考えられます。テスト環境を用意して、それらにも対処できるプランを用意しておきましょう。

速さと安定性が魅力

作業の大変さを考えると、Windows10への移行は果たして必要なのかと疑問に感じるシステム管理者の方もいるかも知れません。実際には移行することで多くの利点が期待できるので、検討すべき価値は大いにあると言えます。OSの作りを大幅に見直したことで、Windows10の起動速度は格段に速く、しかも安定しています。動作の鈍いパソコンは、生産性の低下にも繋がりかねません。費用をかけず生産性を向上させることができるWindows10への移行は、ぜひ検討したいところです。

代行サービスの検討も

手順の確認やバックアップなど、Windows10への移行には多くの作業が要求されます。場合によってはWindows10への移行を代行してくれるサービスを活用すると良いでしょう。導入できるか診断した上で、計画を策定し、支援のためのコンサルティングを行ってくれます。実際の展開作業はもちろんのこと、導入後のアフターケアもあり安心です。

広告募集中