csirtは会社のコンピューターを守る組織[Wireless Security]
HOME>注目記事>csirtは会社のコンピューターを守る組織

法人のネットセキュリティ

会社のセキュリティを確実で安心できるものにするのであれば、csirtを利用していかなければ現代のネット社会には対応しきれません。自分たちだけでやろうとしても、結局はほかの法人がやったことの後追いになってしまうので、最新の情報をもとに構築されたセキュリティをcsirtに依頼しなければなりません。csirtはトラブル前提のネットセキュリティシステムを組むことができ、それによっておこったことへの対処だけでなく、予防をすること可能となります。社内で起こったトラブルから、外部からのサイバー攻撃からの防御など、様々な事態に対処してくれるのがcsirtという組織です。かなり広い範囲でセキュリティ対策をしてもらうことができるのが特徴なので、うまく要望を伝えて、相互理解を深めていきましょう。

利用する際の注意

セキュリティシステムは必ずどこかに脆弱性があり、それはパソコンのOSがアップデートされるたびに発生してしまいます。そうしたリアルタイムでの対処をするには個人では限界があるので、より会社の顔を広くするためにcsirtを社内に設置することは重要です。csirtがない会社は外部から情報を得ることができないため、すでに解決法が存在するトラブルにも対処することができなくなってしまいます。そういったcsirtによる外部との交流を確保できるというのが、csirtの活用方法であり、注意するべき点であるといえるでしょう。

遠隔操作への対策

会社のパソコンを遠隔操作できるということは、情報を抜かれるということであり、外部の犯罪を代行させられてしまうということでもあります。単純に損失を出すだけではないので、csirtによるセキュリティの構築と、自動的に遠隔操作するボットへの対策は確実に行うべきです。csirtはこういった遠隔操作がどれほど深刻で重大なトラブルに発展するのかをよく知っており、様々なアドバイスや支援をしてくれます。しっかりとcsirtとの連携を密にし、決して会社のパソコンを遠隔操作されてしまうことのないようにしましょう。

広告募集中